ドイツの有名ブラント【TRIXIE 】と海外ペット葬儀事情

メモリアルグッズ
スポンサーリンク

【ドイツ TRIXIE】のメモリアルグッズ

日本にはたくさんの供養用品・メモリアルグッズが販売されて
いますが、海外でも人気なブランドがありあます。

その一つが【ドイツTRIXIE】です。

ドイツの有名ブランド!TRIXIE(トリクシー)は世界中で販売されている
人気ブランドです。

 

ポリエステル樹脂でできたメモリアルグッズです。
室内でも屋外でもご利用いただけます。
ペットにかけるメッセージが刻まれています。

【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン cube with heart グレー
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン cube with heart ホワイト
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン Memory
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン Heart
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン LOVE
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン FOREVER
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン dome with paws
【ドイツTRIXIE】メモリアルグッズ メモリアルスト ーン Dog with Angel

 

~~~*商品についてのお願い*~~~
海外商品はメーカーにより予告なくパッケージ、商品仕様や細かいパーツの
カラー等の変更やリニューアルがある場合がございます。
また、メーカーによるリニューアルと、実際にある在庫の切り替えのタイミングが
異なるため、お届けする商品のリニューアルによる新デザインや旧デザイン、
新カラーや旧カラーのご指定はできません。
あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

海外のペット葬儀事情

ペットの火葬・葬儀について、海外ではどのようにしているのか気になる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
どのような国においてもペットが亡くなれば、それぞれの飼い主は悲しいものです。
海外でもペットの火葬や葬儀は、日本と近い形で行われていることが多く、
葬儀や火葬も存在します。

いくつかの国のペット火葬・葬儀事情についてお伝えします。

 

アメリカでのペット火葬・葬儀事情

アメリカでは、日本と同じように、ペットの葬儀(主にキリスト)、火葬、
そして埋葬という流れが一般的です。

ただ火葬をせずに、棺のまま、墓地に入れる土葬も可能な場所も多く存在し
亡くなった人も動物も、土葬することが一般的でした。
最近では、過半数以上が火葬を行う儀式が一般的となっており、その流れを受け、
ペットも火葬をして埋葬するというサービスが増えてきているそうです。

火葬したペットのお骨は、98%が粉骨するそうです。
飼い主さんからの要望があれば、そのままの状態でお返しすることもあるそうです。

大きな違いとしては、アメリカの場合、広大な土地を持つため、日本のような
ペットの納骨堂などはなく、大きな草木のある中で墓地が建てられ
静かに眠っているそうです。

 

中国でのペット火葬・葬儀事情

中国でも経済発展に伴い、多くの家庭でペットとして犬を飼うことが増えてきました。
富裕層が中心となっており、2019年までに中国のペット関連産業は50%以上の
成長が見込まれています。

そんな中で、ペットの葬儀会社も中国では、まだ一部ではありますが存在しています。
上海では、高級葬儀サービスを行う企業もあり、高級な棺、花壇を準備し
葬儀を行うそうです。

また亡くなったペットを火葬場に運ぶ際には、リムジンで運び、
ペットを火葬した遺灰からダイヤモンドを生成し形見にするサービスもあるようです。

 

仏教大国タイでのペット火葬・葬儀事情

仏教大国のタイでもペット火葬・葬儀は存在します。
主に仏教寺院が行うことが多く、ペット葬儀サービスとして提供しているようです。

一連の流れとしては、僧侶の読経を行い、火葬し遺灰は川に流す散骨をするのが
一般的なようです。
費用面でも1800バーツ前後(5000円前後)と、安くはない価格で提供されています。

 

 

どんな国でもペットを大切な家族として、命として扱っています。
ペットの大切さは万国共通であり、これから更にペットの火葬や
葬儀の必要性が増してくるのかもしれません。

コメント