スポンサーリンク

愛犬との終活を考える

近年、終活をする人が増えて来ています。
その終活を愛犬にも代用し、飼い主さんと愛犬が悔いなく、理想的な形で最期を迎える
準備を愛犬、そしてご家族と一緒にしていくことを「愛犬の終活」といいます。

愛犬の最期の時を考えるというのは、辛い作業かもしれませんが
何も準備をせず、いざその時が来てドタバタしてしまい、

「あれをやってあげればよかった」
「これもしてあげたかった」

と愛犬が亡くなってしまった時に深く後悔したり、深いペットロスに陥ったりしない
ために、愛犬の終活をしっかりすることはとても大切です。

落ち着いた状態で終活を行い、心の整理ややりたいこと、やらなければいけない
ことや心構えを見つけることができます。
終活で想い出を記録しておけば、亡くなった後その想い出と向き合うことで
ペットロスを軽減することができます。

供養はどうするのか、葬送方法は?

火葬にするのか、土葬にするのか、遺骨を自宅に置いておくのか、お墓を作るのか、
ペット霊園へ納骨するのかなどを決めておきましょう。
供養の仕方はペット霊園への納骨や自宅供養、散骨など様々です。
終活と合わせて決めておくといいでしょう。